山岡さんが激賞する日本の和菓子屋の最高峰を訪ねる

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

京都のタクシー観光は続く。

観光というか、食べることしかやってないが。

タクシーの運転手さんに「なんや食い倒れでんがな(苦笑」と呆れられる始末。

で、タクシーで連れてきてもらいました!!!

タクシーの運転手さんもご存じなかったので、場所を伝えるのに少々苦労した。
もしまた訪れるのであれば、「堀川通沿い、紫野上鳥田町(むらさきのかみ とりだちょう)の鳳徳小学校の近くで降ろして下さい」って言うわ。

IMG_0978

この店は、「嘯月(しょうげつ)」。
美味しんぼ 第56巻「餡と生きがい(後編)」で、山岡士郎が日本の和菓子屋の最高峰として紹介するお店である。

餡と生きがい(後編) - 美味しんぼのあらすじ
http://ns.oishimbo.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=10560202

店に入ると、面食らう。
ショーウィンドウがなく、お菓子が何も置いてないのだ。
このお店の創業からのポリシーで、完全予約注文制なのである。

予約しておいた「きんとん」と、「蕨餅」を無事受け取り、東京に戻ってから賞味した。
実に愚かなことをしたものだが、持ち歩いている間に、芸術的なきんとんのかたちが崩れてしまった。
味は申し分ない、上品な味であったというのに、本当に馬鹿なことをしたものだ。

次回の京都では、絶対に現地でたべて、写真も撮るでござる!!!(`・ω・´)キリッ

残念ながら今回写真を紹介できなかったが、どれだけ美しい和菓子かは、以下のサイトを参考にされたい。

第七回「嘯月 きんとん・こぼれ萩」
http://www.kyotoarashiyama.jp/koufuku_wagashi/koufuku07.html


嘯月 (しょうげつ)
TEL・予約:075-491-2464
住所:京都府京都市北区紫野上柳町6
営業時間:9:00~17:00
定休日:日曜・祝日

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« | home | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。