新宿御苑にタイ料理の伝説の料理人は存在した!!!バーンリムパー(BAAN RIM PA)

Pocket
LINEで送る

 

新宿御苑に・・タイ料理の伝説の料理人が戻ってきた・・

 
インスタや食べログから謎の情報を入手し、

我々取材班はさっそく丸ノ内線に飛び乗り、現地へと直行したのであった。

124532966540916223130

 
しかし、丸ノ内線の出口を出たその時・・!!!!!!!!!!!!!!!!

 
IMG_6462

な、なんと今日は花園神社の例大祭の日であったのだ!!!!

なんという行幸!!!!

そしてついた。

IMG_6442

開店直後・・まだ客は我々2人しかない・・

 
その時!!!!!!!!!!!!!!!

 
IMG_6450

こ、これが伝説の料理人「タム氏」!?

“TUMSAN”とあるところを見ると、

やはり2号店にタムさんがいらっしゃるという情報は正しかったのだ!!!

自分の特大ポスターを店に貼ってしまうこの自己顕示欲・・

これは期待できる・・

 
しかし、取材班はここで困惑する事態に遭遇した。

メニューが・・2種類存在する・・

チェーン店っぽいやつ。

IMG_6453

手作り感あるバインダーっぽいやつ。

IMG_6452

取材班は騙されない。

相方隊員の事前調査により、タム氏の得意料理はしっかりとリストアップしてあったのだ。

本物のメニューは、2番目の「手作り感あるバインダー」っぽいやつだ!!!!!!!!!

表紙に「Baan Tum」って書いてあるし。

 
さて、何品か注文し、最初に出てきたのが「カオパッガパオ」だ。

野菜系も頼んでいたのに、なぜかごはんものがいきなり出てくるという。

そして厨房にはタム氏の気配がない・・

さてはチンだな・・!?

IMG_6454

しかしうまい!

豚、牛、鳥の肉に、ぴりりと辛い味付けがしてあり、

ライスと目玉焼きとよく合う!!!

 
満足していると、ここでタム氏らしき人物が颯爽と登場。

ラフな出で立ちだ。

 
その後どんどん食事が出てくる。

この「ヤムアボガド」、アボガドのクリーミーなイメージとは裏腹に、

めっちゃ辛い。

しかしタイ料理はやはり辛い方が好きだ。かなり気に入ったぞ。

IMG_6455

 
次がこの日のお楽しみ、「クンオップウンセン」。

エビと春雨の蒸し物が、鍋ごと供される。

IMG_6456

こちら、見た目はかなりスパイシーに見えるが、あっさりとした味付けで、

エビの甘さがよく引き立つのだが・・

IMG_6458

この一緒に出てくる激辛スパイスを混ぜると、更に深い味わいに変身する。

一皿で二度美味しい一品なのだ!!!

 
この時点でかなりグロッキーだったのだが、

最後の「ガイヤーン」(タイ風焼き鳥)でとどめをさされた感じだ。

IMG_6460

激辛スパイスをつけて食べる焼き鳥のうまいことうまいこと・・

しかし、普段昼はナッツ、夜はサラダボウルのみの生活をしている

私の胃腸は既にデッドポイントを超えていたのであった・・。

 
苦しかったが、実にうまい!!!

「手作り感あるバインダー」っぽいメニューには、

カエルやナマズのほか、数多くの魚介系のメニューが掲載されていた。

次回来店時には、また別の皿も必ず注文すると固く誓い、

店を後にしたのであった。

ごちそうさまでした!!!!

サワディークラップ!!!

 
(2016/7/24追記)
伝説の料理人、新宿御苑の店を閉めたそうです。
さすがさすらいの料理人。
うわさによると今度は新大久保に店を出すのだとか。
取材班は今後もタム氏の動向を追跡していきます!!!

(2016/7/31追記)
取材班は、タムさんの新しいお店が8/1にオープンするという情報を入手した!
場所は新宿区大久保2-19-1 セントラル大久保B1F、
店名は「バーン・タム」というらしい。
取材班の潜入取材を乞うご期待!!!

 

バーンリムパー 2号店
TEL:03-5357-7477
住所:東京都新宿区新宿1-19-11 草間ビル 1F
営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休

http://www.baanrimpa.co.jp/index.html

Pocket
LINEで送る

« | home | »