Le Zerda Café(ゼルダ・カフェ)にて、クスクス初体験

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

寒い。そして、歩き疲れた。
ほしかった財布も売ってなかった。

フラフラになりながらも、執念でGaleries Lafayetteのツリーを見に行く。

IMG_1332

写真で見るとなにやら綺麗だが、実物は微妙な感じで、死んだ。

もうなにもかも嫌になってきたが、腹は空く。
チキショウ、あたいの腹のクソッタレ。

傷心のあたいを癒してくれるもの。それはクスクスしかない。

クスクス (アラビア語: كسكس‎、フランス語: couscous、英語: couscous、ヘブライ語: קוסקוס‎、kuskus)は、小麦粉から作る粒状の粉食、またその食材を利用して作る料理である。発祥地の北アフリカから中東にかけての地域と、それらの地域から伝わったフランス、イタリアなどのヨーロッパ、およびブラジルなど世界の広い地域で食べられている。

むう・・クスクス。それはどんな感じで出てくるのであらうか。

さらに、このZerda Caféなる店、なかなかに怪しい。
メトロのRépubliqueすぐ近くであるが・・

なんとも黒魔術的な。

IMG_1347

暗い・・BGMも怪しい・・はたして生きて帰れるのであろうか。

IMG_1338

しかし、yelpの評価は非常に高い。
下記に至っては、

Sûrement le meilleur couscous de Paris ! Déjà remarqué par le Figaro, le guide Michelin, Alain Ducasse, etc..

「パリで最高のクスクス、フィガロ、ミシュラン、アラン・デュカスにも認められた」的なことが書いてある!!!(ほんとに?)

非常に気になるこのお店、前置きが長くなったが、お料理の方行ってみましょう。

これがクスクスである。
米粒よりも小さな、小麦粉のだまとも言うべきしろものだ。

IMG_1341

このクスクスに、汁をかけて食う。
なかなかにいい匂いがする。

IMG_1344

これらを、メルゲーズ(仔羊の腸詰ソーセージ的なもの)と共に喰らう。(料理名:couscous mixte)

IMG_1345

むう!!!予想に反して非常にあっさりしている。
そして、やみつきになる!!!
一度食べ始めると、やめられない魅力がある。

クスクスだけだと足りないかなと思って、鶏肉のtagine(タジン)も注文してみたのだが、多かった・・。(でもおいしいよ)

IMG_1342
 

調子こいてクスクスめっちゃ食べてしまい、腹が膨れて動けなくなった。
そして帰りが遅くなり、相方氏にめっちゃ怒られた。
 

が、こういった食のおいしい出会い、これぞ旅の醍醐味ですな!!!


Le Zerda Café(ゼルダ・カフェ)
15 rue René Boulanger
75010 Paris
営業時間:火-金12:00-14:30,月-金19:00-23:00,土19:00-24:00
最寄駅: République, 10ème

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« | home | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。