難しいザ・バス(The Bus)の路線表も時刻表も、iPhone様のアプリがあれば余裕じゃ(Google Maps編)

Pocket
LINEで送る

 

前回、ハワイのザ・バス(The Bus)は安いし便利であるものの、バス停に時刻表とバス路線図がないため、

「行きたい目的地に行くためには、どの路線に、どのバス停から乗ればいいのか」

「乗りたいバスは何時に来るのか」

という点が非常にわかりづらく、難しいと書いた。

ハワイのザ・バス(The Bus)を使い倒して安く移動する

 
しかし、今回の旅ではiPhoneの”Googleマップ”と”Da Bus”を活用することで、バスでの移動が超簡単にできるようになったので、その方法を共有したく。

※iPhoneと書いたが、Androidでも同じことができるはず。

前提として、iPhoneかAndroid等のスマホを持っている必要がある。
そして、ハワイでローミングをオンにするか、モバイルルータ等を通じてネットワーク接続できる環境が整っている必要がある。

ちなみにあたいは、JCBグローバルWiFiのモバイルルータをレンタルして、外でも無線LAN接続したよ。めちゃ便利だよ。

 

Google Mapsでザ・バス(The Bus)に乗る

例えば、ワイキキビーチで遊んだ後、ワードセンター(Ward Centers)に行きたいとする。

そんな時はすかさずiPhoneでGoogleマップを起動し、”Ward Centers”と検索し、検索結果をタップ。
IMG_3105

ワードセンターの場所が出てくる。
画面右下のバスのマークをタップする(デフォルトだと徒歩を表す人のマークになっているはず)
IMG_3106

現在地から、車、バス、自転車、徒歩のそれぞれの交通手段で、どのルートを使えばいいのか結果が出てくる。
バスのマークをタップすると、ザ・バス(The Bus)の何番の路線(19とか13とか)に乗ると、目的地(ワードセンター)に何分で行けるかが出てくる。
すごい!!!Google様すごすぎる・・。
IMG_3107

19番路線をタップすると、以下のように現在地からワードセンターまでのバスのルートが出てくる。
ここで、画面下部の時刻が書いてある部分をタップすると、
IMG_3108

経路の詳細が出てくる。
これを見ると、現在位置から歩いて3分ほどのところの、”Kapahulu Ave+Kuhio Ave”というバス停で乗ればいいことがわかる。
さらに画面上の”Kapahulu Ave+Kuhio Ave”をタップすると、
IMG_3109

途中に経由するバス停の名前まで表示される!!!すごすぎ。
バスに乗っている時、バス停の名前がアナウンスされるので、今どの辺まで来てるか知ることができる。
もちろん、Googleマップの地図上でも、現在位置が青い丸印でリアルタイムで表示される。
IMG_3110

先ほどの画面で画面上部をタップすると、地図表示に切り替えることができる。
IMG_3111

ピンチ・アウトして地図を拡大表示すると、バス停までの道順が表示される。
点線が徒歩の経路を表している。
IMG_3112

これで、「行きたい目的地に行くためには、どの路線に、どのバス停から乗ればいいのか」が速攻でわかり、なんなくバスに乗ることができる。
すごい!!!すごすぎる!!!Googleマップ作って運用してる人マジで神。

次回に続く。
難しいザ・バス(The Bus)の路線表も時刻表も、iPhone様のアプリがあれば余裕じゃ(DaBus編)

Pocket
LINEで送る

« | home | »