渋谷のパッポンキッチンで、ガチのタイ庶民派料理をたべるの巻

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

 

店の数だけは無駄に多いのに、ロクな店がないことには定評のある新宿、渋谷ですが、渋谷で本格タイ料理の味わえる良店を発見してしまったので、レポしたく存じます。

場所は松濤の路地裏、カフェマメヒコの近くにあります。

パピエビル2F。パッポンキッチンさんです。

こちら、SOI7(ソイナナ)の店主さんと、クリスチアノ(Cristiano’s)の店主さんが共同ではじめられたお店とのことで、それだけで期待が高まります!

IMG_2647

ビルの1室、カウンターとテーブル1つの小さなお店です。

IMG_2646

こちらがメニュー。日本のベタなタイ料理屋と違い、なんだか現地の居酒屋っぽい品揃えとなっております。

パッポンキッチンのメニュー
パッポンキッチンのメニュー

 
注文すると、カウンター越しにシェフさんたちの料理のスパイシーな香りが漂ってきます!

IMG_2638

先ず1品目、「青パパイヤのサラダ(ソムタム)」。
相方氏が辛すぎるの苦手なので、唐辛子は半分にしてもらいましたが、それでもピリッと辛みがあり、パパイヤの甘さとあいまって、とっても爽やかなお味です。

IMG_2639

名物の発酵肉揚げ4点盛り合わせ」・・だったのですが、なんと今日はタイ式ソーセージが品切れだったとのことで、3点盛りになってしまいました。
それでも鶏、手羽刺し、ブタバラを堪能しますた。

IMG_2640

こちらは「舟そば(豚血入り牛ダシ米麺)」。
これ、はじめて見ました。タイで舟に乗って商売する人向けに、舟の屋台で売られてるおそばなのだとか。
お好みでナンプラーや唐辛子をかけると、めちゃめちゃ食が進みます。

IMG_2642

最後、定番の豚挽肉のラープと迷いましたが、名前に惹かれて注文した「電車チャーハン」。
タイの駅で売られている、駅弁的なチャーハンなのだそうです。
タイ風ですので水分多め、味は想像してたよりあっさりしていますが、添えつけのスープと一緒に一気に食べてしまいました。うまい!!!

IMG_2645

というわけで、何食ってもうまいです。

(2014/10/13追記)
別メニューも試してみた。
パッポン・キッチンでメニュー開拓

食べログのスコア3.1とかですが、一時期、前のシェフさんが腰を痛められてよくお店が休んでいたので、口コミがまだ増えてないのが原因と思われます。
(今は、前掲の写真のとおり、タイのシェフさん2人の万全の体制です!)
ま、あんま人が増えると嫌なので、口コミ増えなくていいけど。

ちなみに・・チラ裏情報として、お店の店員さん妙にかわいいなと思ったら、昔ロンハーマンの千駄ヶ谷店で働かれていたそうです。
別の意味でも魅力的なこちらのお店、また遊びに行きたいと思います!!!


パッポンキッチン
TEL:03-6427-0377
住所:東京都渋谷区宇田川町41-26 パピエビル 2F
営業時間:18:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:日曜日

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

« | home | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。